ご支援への思い

看護師とタッグを組んで当社を設立

ishida3私は大学で「企業の採用戦略や職場の活性化に関する研究」をしていました。あるとき、同僚の看護教員が研究室にやってきて「今、看護業界は著しい採用難で多くの部長が困っている」「知人の看護部長の力になってもらえないだろうか?」という相談を受けました。
その後、数人の看護部長とお話をしたのですが、驚いたのは看護師採用を部長がひとりで背負っておられることでした。部長さんたちは疲弊し、それでも一生懸命取り組もうと苦戦されている姿勢に感動すら覚えました。
しかし、一生懸命取り組むといっても、採用戦略や手法に対する知識があっても簡単にはうまくいかない採用活動を、その知識もままならぬ状態で大きな労力をかけるのは、組織活性化を考えても大きな負担だと思いました。そこで、相談に来た看護教員とともに看護部長の右腕となって採用活動を支援することにしたのです。そして、看護部長には、部長本来の仕事である看護管理、つまり、看護師がイキイキと働く職場づくりに力を入れてほしいと提案しました。
それがテキックス株式会社の始まりです。

 

看護部組織を元気にするのが当社の役割

仕事を始めて感じたのは、看護師さんは責任感が強く、何でも自分で担おうとされる傾向があるということでした。そして看護部のホームページや募集用のパンフレットも自分たちの手で作ろうとされていたのは驚きました。

私は医療については素人です。だから体調が悪くなれば病院に行って受診し、医師や看護師さんらに適切な治療・看護を受けて早期回復をめざします。でも看護師さんは、採用がうまくいかなくても自分たちの専門領域ではないホームページやパンフレットづくりに関して委員会等を設置し、自分たちで担われるわけです。これは、私が体調を壊しても自力で治そうと頑張り、状態が悪化して手遅れになるのと同じで、とても怖いことだと思いました。だから私が「早く受診しておけばよかった」と後悔しないようにするのと同じように、その病院に見合った適切な採用活動をご支援し、看護部組織を元気にするのが当社の役割だと考えています。つまり、私たちがお手伝いすることで、看護師さんに看護本来の仕事をする時間を確保し、看護の質向上につなげて頂きたいのです。

 

寄り添うことを大切にしたい

当社の特徴は、企業の人事戦略、特に採用戦略を研究し、多くの企業の採用をお手伝いしてきた私と、看護師・看護教員経験を持ち、看護師さんの実態や看護学生の心理を理解している者とがタッグを組んで看護部長をご支援しているということです。

企業の成功事例をそのまま看護業界に当てはめるのではなく、そこに看護経験者の視点を注入し、その看護部の特徴に応じた方法をご提案させていただく努力を重ねていることが、違和感なく看護部長に受け入れていただている所以だと考えています。

また、私たちは看護部長さんのお考えに寄り添うことを大切にし、共に悩んだり喜んだりしながら日々の仕事をしています。「相手に寄り添うことが、相手が持てる力を惹きだす支援だ」ということを、私たちは多くの看護師さんに教えて頂きました。そういう姿勢に私たちは共感し、自分たちが仕事をさせていただくときにもこの姿勢を大切にして取り組みたいと思っています。

代表取締役 石田秀朗

 

121.84.232.45

LINEで送る