目標達成のプロセスを可視化するのが大切

目標管理を導入されている病院は多いことだと思いますが、目標に向かって取り組むプロセスに必要なのは動機付け。看護師の仕事は「出来て当たり前」といところがあるため、承認の欲求を満たしにくいともいわれます。私たちがご支援している病院では、毎月1人の看護師さんにWEBに登場していただき、その仕事ぶりや看護への想いを院内の職員全員に紹介しています。登場する看護師さんは「恥ずかしい」といいながらも、どこか誇らしげな表情になり、それをきっかけに仕事への意欲が高まったと話してくださいます。

また、私たちは看護師さんの看護への想いを綴った出版物を作るお手伝いもしているのですが、目には見えない“想い”を表在化することで、明日への意欲につながるようです。このほか、毎月頑張った人を表彰する制度なども有効です。
このように、評価を紙面に残すだけではなく、目標達成に取り組むプロセスをたくさんの人に知っていただくことで、承認の欲求が満たされ大きな動機付けになることを目の当たりにし、その効果を実感しています。みなさんの病院でも、そんな取り組みを考えられてはいかがでしょうか。

LINEで送る