ものがたり診療所の佐藤先生の講演会に参加しました

土曜日は、いつもおせわになっている西原先生のお誘いを受けて、合同会社医療介護連携研究所・ぼちぼちいこ会が主催する講演会で、医療法人社団ナラティブホームを経営する、ものがたり診療所:佐藤伸彦先生の講演を拝聴いたしました。

http://www.narrative-home.jp/

私たちが、常々、病院看護部に対して提供しているナラティブを使った職場活性化の様々な方法によって看護師さんがイキイキしてくるというお話に参考できることがあればいいなあと思って参加しました。

今日のお話を私が解釈するところでは、患者さんと医療従事者との関わりをナラティブを中心に置き、患者さんを患者さんというよりも一人の人間として尊重し、接していくということを大事にされているのかなと感じました。

佐藤先生のお話からもナラティブ=物語はその人の生きてきたことに価値を見出すことができると思うのですが、そういう意味では、私たちが日頃看護師さんにナラティブを活用してイキイキと仕事をして頂きたいと思っていること、すなわち、一人一人の看護師さんの仕事の価値を見出し、また、看護師さんもそれを感じてもらい、さらにいい仕事を創っていく環境をもっともっと提供したいと感じました。

一度、皆さんも「ものがたり診療所」のホームページをご覧いただければと思います

LINEで送る