患者体験記

患者体験記

N4_1

苦しみを理解してもらうだけで患者は楽になれると思う

  森田一休さん

突然の事故で高次脳機能障害に 大学を卒業後、新入社員でテーマパーク内のショップ経営を任された私は、日々勉強の毎日。大変だけれど、やりがいがあり、とても充実した毎日を送っていました。そんな日常が一転したのは、平成14年2月 …

N1_1

意識がなくても聞こえていた看護師さんの声に救われた

  上西信也さん

突然発症した脳幹出血で死を覚悟 2011年1月、私は婚約中の彼女と結婚式の仮予約をしました。そしてその日の夜、悲劇が訪れたのです。 いつも通りに軽くワインを飲んで、眠りに就こうとしたときのこと、突然嘔気が襲いました。風邪 …

N1_1

看護師さんの対応で患者の回復力は変わると思う

  関谷和宏さん

意識を失い看護師さんの幻覚を見た 今から15年ほど前、暴飲や不規則な生活を続けていた私は、突然、腹部の激痛に襲われ病院に運ばれました。診断名は急性重症膵炎。入院後、徐々に状態が悪くなり、一時は昏睡状態になりました。 昏睡 …

N3_1

看護師さんは生きかたを選択する時のベストパートナー

  裵 義夫さん

ガンの疑いで“死の恐怖”を実感 私の妹はガンを患い、手術や放射線治療の後、ひどいリンパ性の浮腫に苦しみながら亡2014年6月に亡くなりました。そんな風に妹を亡くして2ヶ月が過ぎたころ、がんに対する不安を解消する為に受けた …

N5_1-300x200

脳卒中になった今、脳神経外科看護師としての13年を振り返って

  大久保理惠さん

「白衣のハクは薄情のハクだ」と・・・ 私は看護師としての一歩を脳神経外科看護で踏み出したいと思いました。 今から47年も前の事です。幸いにも就職1年目から13年間を脳神経外科領域で仕事をさせて頂く機会を得ました。その中で …