7.不安に応える

優秀な人材は,複数の病院から内定を得るのが常です。
まずは,内定から入職までのスケジュールを具体的に示して不安を軽減させると同時に,病院の誠意を伝えることが必要です。
また,内定者の持つ疑問を全て聞き入れて,回答を示すことにより,入職への安心感と,病院への信頼感を高めることが重要だと言えます。
入職する上では,自己の看護技術が現場で通用するかと言う不安や,ME機器操作への不安が大きいようですね。入職までの教育プランとして,通信教育や,対面 による技術支援,定期的なメール発信での心理的支援を用いたり,現職看護師との食事会など交流の機会を設定するのも効果的です。
このように教育とコミュニケーションの両側面から内定者にアプローチし,「大切にされている」という実感を与えてつなぎとめるフォロー戦略を実施しなければ,優秀な人材の獲得は難しい時代なのです。

LINEで送る